通信データ vol.122

image_pdf image_print

宇宙船外に降り立ち、横を確認すると、”ぴラミクの穴”がぽっかりと口を開けていた。かなり深そうな穴であった。リヒト・マーガレぁⅢ世殿は何やら機械を取り出し、その機械の先端部分を”ぴラミクの穴”に向けた。

「この機械で、”ぴラミクの穴”の全体像を確認してみるわね。」

しばらくすると、機械の画像部分に絵が映し出された。それが下図となる。

gnuplotで

set angles degrees

vortex(x,y)=tanh(nu*sqrt(x**2+y**2)/xi)
nu=1.0
xi=0.01

HSV_Hi(h)=sgn(h)*floor(abs(h)/60)%6+(h>=0 ? 0 : 5)
HSV_f(h)=(sgn(h)*(abs(h)-(floor(abs(h))/360)*360.0)/60.0+(h>=0 ? 0 : 6))-HSV_Hi(h)
HSV2R(h,s,v)=( \
HSV_Hi(h)==0 || HSV_Hi(h)==5 ? v : (\
HSV_Hi(h)==1 ? v*(1-HSV_f(h)*s) : (\
HSV_Hi(h)==4 ? v*(1-(1-HSV_f(h))*s) : (\
HSV_Hi(h)==2 || HSV_Hi(h)==3 ? v*(1-s) : 0.0) )))
HSV2G(h,s,v)=( \
HSV_Hi(h)==1 || HSV_Hi(h)==2 ? v : (\
HSV_Hi(h)==3 ? v*(1-HSV_f(h)*s) : (\
HSV_Hi(h)==0 ? v*(1-(1-HSV_f(h))*s) : (\
HSV_Hi(h)==4 || HSV_Hi(h)==5 ? v*(1-s) : 0.0) )))
HSV2B(h,s,v)=( \
HSV_Hi(h)==3 || HSV_Hi(h)==4 ? v : (\
HSV_Hi(h)==5 ? v*(1-HSV_f(h)*s) : (\
HSV_Hi(h)==2 ? v*(1-(1-HSV_f(h))*s) : (\
HSV_Hi(h)==0 || HSV_Hi(h)==1 ? v*(1-s) : 0.0) )))

set xrange [-0.05:0.05]
set yrange [-0.05:0.05]
set samples 51
set isosamples 51

tablefile=”table.dat”
set table tablefile
splot 0
unset table

set pm3d depthorder interpolate 1,1 hidden3d 1

set style line 1 linetype 1 linecolor rgb “black” linewidth 0.25

set view 65,338
unset colorbox
set border 0
unset xtics
unset ytics
unset ztics
unset key

N=50.0
colmax = (N)*360.0

set cbrange [0:colmax]

set palette model RGB functions \
HSV2R((gray*colmax/360.0-floor(gray*colmax/360.0))*360.0, 1, (floor(gray*colmax/360.0)/N)),\
HSV2G((gray*colmax/360.0-floor(gray*colmax/360.0))*360.0, 1, (floor(gray*colmax/360.0)/N)),\
HSV2B((gray*colmax/360.0-floor(gray*colmax/360.0))*360.0, 1, (floor(gray*colmax/360.0)/N))

set pm3d corners2color min

splot tablefile using 1:2:(vortex($1,$2)):(floor(vortex($1,$2)*N)*360.0+atan2($2,$1)+180) \
with pm3d

set term post color enhanced

とデータ入力すると(*)、この図が現れる。

リヒト・マーガレぁⅢ世殿:「うーん。どうも底の方がうまく可視化できないわね。なぜかしら…。」

タコンイぃカⅢ世殿と、我がエビカぁニⅢ世もその機械の画像に注視したが、やはり底の方がうまく可視化されていないことが分かった。

タコンイぃカⅢ世殿:「リヒト・マーガレぁⅢ世殿。もしかして通信を妨害している何かが底にあるのかもしれない…。例えば、底にいるぁシュバオロス菌が可視化のための信号を操作している、とか…。」

リヒト・マーガレぁⅢ世殿:「そうかもね…。単純に、ぁシュバオロス菌の同期現象を探るだけのつもりなんだけども、ちょっと底の方での観測は注意しないといけないかもね…。」

エビカぁニⅢ世:「な

ほどぉ…。」

リヒト・マーガレぁⅢ世殿、タコンイぃカⅢ世殿:「な

ほど。でしょ、だよ。」

ちょっとのボケのつもりだったが、悲しいことに、二人から妙に突っ込まれてしまった…。

*: http://www.ss.scphys.kyoto-u.ac.jp/person/yonezawa/contents/program/gnuplot/gallery/single-vortex-phase.htmlを参照

エビカぁニⅢ世、ここに記す→