通信データ vol.4

image_pdf image_print

ヒーペロ星の誕生は、今から約100億年前に遡る。正確には、10158166712年前とされる。その頃のヒーペロ星はまだ形がなく、宇宙空間のガスであった。ただし、銀河群天の川銀河オリオンアーム太陽系太陽に相当する恒星はその時に2つあり、一つは銀河群天の川銀河オリオンアーム太陽系太陽の2/3の大きさ、もう一つは銀河群天の川銀河オリオンアーム太陽系太陽の3/4の大きさであった。その2つの恒星がやがて合体して、その影響で宇宙空間にあったガスがぐるぐると回転しはじめ、vol.3にあったヒーペロ星の原型であるドーナツのような形が生まれたとされる。ちなみに、我らがヒーペロ星を誕生させた、合体した銀河群天の川銀河オリオンアーム太陽系太陽のような恒星を、こちらではアバルス星雲エカリーテ系団ペッカと呼ぶ。

アバルス星雲エカリーテ系団ペッカにより、ぐるぐると回転したガスはやがて冷え、固まりだす。我らがヒーペロ星を誕生である。しかし、銀河群天の川銀河オリオンアーム太陽系地球のような陸地はなく、今でもヒーペロ星は水のような物質でおおわれている。我らがヒーペロ星人は、その水のような物質の中に暮らしている次第である。

ヒーペロ星人の元となる微生物のような存在は、今から10158163001年前にその水のような物質の中から生まれたとされる。ヒーペロ星が誕生してから、37億年後のことである。

エビカぁニⅢ世、ここに記す→