image_pdfimage_print

通信データ vol.127

あたりは真っ暗なままであったが、時間にしてハドゴンG星の朝にあたる時間であった。そろそろテントを片づけて、出発する時間になるのかもしれない。昨晩の奇妙な音と揺れと不安から、あまり寝付きがよくはなかったが、体調自体はまずま … [Read more…]

通信データ vol.124

”ぴラミクの穴”の入口からちょうど中央あたりになった頃に、アバルス星雲エカリーテ系団ペッカからの光も途絶えた。手元の時間を確認すると、ちょうどハドゴンG星では夜に相当する時間帯に差し掛かった。あたりは真っ暗だった。物音も … [Read more…]

通信データ vol.123

リヒト・マーガレぁⅢ世殿:「それじゃ、私から”ぴラミクの穴”に降りて行くわね。」 リヒト・マーガレぁⅢ世殿を先頭に、タコンイぃカⅢ世殿、そして、我がエビカぁニⅢ世の順に”ぴラミクの穴”に降りていくことになった。宇宙船が到 … [Read more…]

通信データ vol.122

宇宙船外に降り立ち、横を確認すると、”ぴラミクの穴”がぽっかりと口を開けていた。かなり深そうな穴であった。リヒト・マーガレぁⅢ世殿は何やら機械を取り出し、その機械の先端部分を”ぴラミクの穴”に向けた。 「この機械で、”ぴ … [Read more…]