image_pdfimage_print

通信データ vol.118

そうこうするうちに、次第にC案の路線上に入ってきた。 リヒト・マーガレぁⅢ世:「この辺までくれば、たぶんハドゴンG星の表面の磁場を観測できるわね。到着地点である山の頂上を中心に磁場量観測器で計測してみましょう。」 そう言 … [Read more…]

通信データ vol.93

再び現在地を確認した。すると、惑星エルビぃ48がまじかに迫っていることが分かった。 そこで、惑星エルビぃ48の第一宇宙飛行場である、エルビぃなうちゅー飛行場の管制塔に連絡した。 エビカぁニⅢ世:「エルビぃなうちゅー飛行場 … [Read more…]

通信データ vol.92

通信データのvol.91でも記したように、サザぇんほターテⅡ世殿とのワープ的通信時に、 ガガッ という妙な音がした。しかし、宇宙船のデアブタンク600ぇすいの計器上には異常はなかった。そこで、通信上のデータを解析した。す … [Read more…]

通信データ vol.91

「サザぇんほターテⅡ世殿。こちら、エビカぁニⅢ世。ドーゾ聞こえますか。ドーゾ。」 サザぇんほターテⅡ世殿にワープ的通信技術を使って通信した。 サザぇんほターテⅡ世:「エビカぁニⅢ世殿。通信の状態はとても良好でございます。 … [Read more…]

通信データ vol.90

再度、現在地を調べてみた。 「おっ、小惑星帯を抜けたようだな。もしかして、窓からハドゴンG星が見えるかもしれない。」 窓を眺めると、そこにはハドゴンG星らしき惑星が見えていた。 「至って順調だなぁ。もうしばらくすると、エ … [Read more…]

通信データ vol.89

しばらく航行していると、右側に何やらいろんな隕石が見え始めてきた。 「これは、間違いなく小惑星帯の入口だ。さらに左手の遠くには、ハドゴンG星らしき惑星も見えるぞ。」 今回は間違いなく順調に航行している。さらに、通信データ … [Read more…]

通信データ vol.87

ヒーペロ星を飛び立った後、今回の惑星のエルビぃ48星までの飛行経路を確認した。最新型の市販宇宙船で、開発された宇宙船としては第五号機に相当する星間自動操縦付きのアベンタンク750ぇるぴでは、確かほぼ下図の様な経路を辿って … [Read more…]

通信データ vol.55

通信データのvol.54の時から比べ、少し通信状態が回復してきたようである。そこで、ここでは、再度の通信を試みたい。ただし、この通信データも無事に送信できているかは、不明である。 通信データのvol.52に記したように、 … [Read more…]

通信データ vol.54

通信データのvol.52にて、宇宙船の窓からの風景を通信し、通信が途絶えがちになった。その後、しばらくすると、回復したようで、現在の状況を報告したい。ただし、この通信データも無事に送信できるかは、保証できない。いずれ、ま … [Read more…]

通信データ vol.52

デアブタンク600ぇすいに搭乗し、星間自動操縦に頼らない宇宙船で初めて旅した我がエビカぁニⅢ世であったが、通信データのvol.51にもあるように、勢いよくヒーペロ星を飛び出したものの、宇宙に向けてまっすぐ飛んでいたと思わ … [Read more…]